太陽光発電とは

太陽光発電とはどんな発電で、どんな利点や強みがあるのでしょうか。ここでは太陽光発電の良さについてご紹介します。

太陽光発電の仕組み
なぜ発電するのか?

なぜ太陽の光が当たると電気が起きるのでしょうか。(人工的な照明の光でも発電します)



簡単に言ってしまうと、光そのものがエネルギーを持っているので、ある特定の素材に光を当てると、それだけで物質の基本構造のうちのひとつである電子が外に飛び出して電流が発生するのです。

そうした「光が当たると電子が飛び出す」物質を上手く重ね合わせてあげる事で、より強い電気を作る事が出来ます。

現在主力の発電方法との違い

一方で、現在主力となっている発電方法は、動力の違いはあるものの、どれも磁石と、導線を巻きつけて作ったコイルからなる発電機(ダイナモ)を回して電気を作り出すという方式です。

発電機の軸に大きな羽根車をつけて、そこに水流や、高圧の蒸気を当てて回すので、発電機の他にも蒸気を発生させるボイラーや、場合によっては蒸気の冷却施設などが必要になり、非常に大掛かりなものになってしまいます。

電気を発生させるシステムの単位としては、太陽光発電の方がよりコンパクトにできるというわけです。



太陽光発電の泣き所

しかし、太陽光発電にも泣き所はあります。先に挙げた様に、発電できる設備の単位あたりの出力がかなり低いのです。

火力発電の平均的なエネルギー効率は40%ほどですが、一般的な太陽光発電の効率は高くても15%ほどです。

そのため、どうしても発電装置の数をたくさん設置しないと、大きなエネルギーを賄うのには不向きな発電方法と言えます。だからこそ、各家庭単位で発電する事でまとまった電力とする施策が執られているのです。