太陽光発電とは

太陽光発電とはどんな発電で、どんな利点や強みがあるのでしょうか。ここでは太陽光発電の良さについてご紹介します。

何kw必要か?


一軒家の屋根には何kwの太陽光パネルが設置できる?


太陽光発電を調べると、よく出てくるのが1kwあたりという基準です。はじめての導入の場合、1kwと言われてもピンとこない人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、「kw」について解説したいと思います。

さて、日本の住宅では、平均で「何kw」設置しているのがご存知でしょうか。

答えは「約4kw」です。

しかし、この数字は、あくまでも参考程度の数字にしかなりません。

一軒家の屋根はそれぞれ大きさも違えば、屋根の向きや形も違います。また、日照条件や気候風土もさまざま。そのため屋根に設置できる正確な「kw」を知るためには、見積もりに来てもらうしかありません。

最近は便利な「無料見積もりサイト」があります。完全無料で屋根を見てもらえますから、考える材料を手にいれるためにも、まずは、見積もりに来てもらうことです。

自分の家の屋根には何kwの太陽光パネルが設置できるかということを知らなければ、補助金の額やシステムの価格など導入費用が算出できませんから何もはじまらないのです。

4kwの導入でどれぐらい電力をまかなえるのか?

一般家庭での年間の電力消費は、4000kwhから5500kwhです。太陽電池パネル1kwあたりの年間発電量は、約1000kwhですから、4kwを導入すると4000kwh。つまり計算上では、4kw導入すると、ほとんどは太陽光発電でまかなえるということになります。

当然、南向きの屋根に設置できる太陽電池パネルの枚数や地域の気候風土、システムの性能などにもよるため、あくまでも目安です。

まだ、我が家の屋根にどれぐらいの太陽光パネルが設置できるのか知らない人は、ぜひ、無料見積もりに来てもらうようにしましょう。

また、メーカーや機種により発電効率が違うため、できるだけ複数の業者から見積もりを取るようにすると適切な太陽光発電システムを見つけることができます。



<< トップページに戻る