太陽光発電とは

太陽光発電とはどんな発電で、どんな利点や強みがあるのでしょうか。ここでは太陽光発電の良さについてご紹介します。

太陽光発電は儲かるのか?利益がでるのか?

太陽光発電を導入するに当たり、何をおいても気になるのが、利益がでるのか、ということではないでしょうか。

タイミングが悪い時期に導入した人の中には、利益など出るわけないと思う人もいると思います。しかし、今は、新しい制度の導入と太陽光発電の価格低下により、随分状況が変わりました。儲かるという人が増えてきたのです。

そこで、ここでは、なぜ太陽光発電の導入が儲かるのか、ということについて解説します。

2012年7から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。


早く参入するほど手堅い利益が出る!

これを機に、ソフトバンクをはじめ、目ざとい企業が発電ビジネスに乗り出したのはご存知のとおりです。なぜ畑違いの分野にまで手を出したのか。これは、手堅く利益が出ることがわかっているからです。

この制度は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及・拡大のため、早く導入する者ほど高い利潤が得られるように配慮した仕組みなのです。

早い話が、早く導入するほど儲かる金額も大きくなるのです。

この制度は、2012年7月から2013年3月までに導入すると、1kw時あたり42円という金額で電力を買い取ってくれます。現在、わたしたちが電気を購入する金額は1kw時あたり23円ほどですから、42円がどれだけ高いのかわがかると思います。

しかも、この価格で買い取ってくれる期間が長いのです。10kw未満の導入で10年間。10kw以上の導入では、なんと20年間もの長きに渡って購入してくれるのです。

来年導入する場合は、買取価格は少し下がる予定になっていますので、同じ導入するのなら、個人も企業も早いほうが良さそうですね。


太陽光発電の見積もりを取るならこちらがオススメです!!
太陽光発電見積もりランキング >>


<< トップページに戻る